北海道-美瑛 青い池 自然が引き起こした奇跡の絶景,一度は見たい!

–水面が青く見える不思議な池【青い池】不思議なほど青い色をたたえ、立ち枯れのカラマツとあいまって幻想的な風景。
青い池は北海道美瑛町の東南部、美瑛川左岸の標高約500メートルに位置しており、この池は1988年(昭和63年)12月に噴火した十勝岳の堆積物による火山泥流災害を防ぐため、
美瑛川本流に複数建設された堰堤のひとつに水が溜まったものです。
自生していたカラマツ、白樺等の樹木は、水没し立ち枯れた。したがって、目的を持って造られた溜池や貯水池などとは異なり、青い池は偶発的に人造池となったものです。

 

青い池ライトアップ
冬期間は積雪のため、青い水面を見ることが出来ませんが 白ひげの滝ライトアップは通年で実施しております、
冬なら神秘的な青い池が見ることが出来ます。淡い青色の水面に美しい光景が浮かび上がり、訪れた人たちを楽しませている。

 

冬の青い池こそ美しい
ブルーXホワイト
冬の姿が美しすぎる冬の一面銀世界周りを囲む木々の緑や立ち枯れたカラマツが水面に映りこむ神秘的な姿で人々を魅了する、夏より濃い青色のように感じるけれど、
晴れていれば青く雪景色に映える。

季節やその日の天気によってさまざまな青い色が楽しめます♪

 

青い池秋景色
秋が進むにつれ、青と鮮やかな紅葉のコントラストは秋だけの景色です。

 

夜の青い池景色
昼間とは違った特別な夜の青い池、極寒の青い池に魅せられて. 無数のカラマツや白樺が立ち枯れる青い池の水面はとても神秘的幻想世界になり、一度は見てみたい。

 

予約は↓↓↓コチラ

 

 

Follow me!