仙台の名物牛タン

牛タン発祥の地はなぜ仙台なの?仙台牛タン焼きの誕生は昭和20年代終戦直後慢性的な食糧難、当時焼き鳥中心、仙台市内もたくさんの焼き鳥店がありました。
佐野啓四郎も戦時中は焼き鳥の屋台を引いていました。
当時は和食の職人佐野啓四郎氏はオリジナル誰にも真似できない料理を考え出す,真似のできない料理を作りたい、
東京で日本料理の修業をしている親友の小野氏に相談、小野氏から「お店で牛タンを出してみたら?」と提案され、佐野啓四郎は、初めて牛タンと出会った、
「牛たん」の美味しさに魅かれて、試行錯誤を重ねた末「牛タン焼き」が誕生しました。牛タン焼きの生みの親に「牛たん焼き専門店」として「味太助」
仙台市中心部に牛タン焼きの専門店を開き、全国にその味を広めたことになりました。

厚切りにした牛たんを塩、タレ、味噌などで味付けをして炭火などでアツアツに焼いたのが「牛たん焼き」です。
これがきっかけになって、全国に仙台牛タンが名物として定着したわけです。
仙台に行ったら牛タンぜひ牛タンを食べないとね、と風潮になり、現在全国的に有名になったわけです。

 

旅のご予約は↓↓↓旅TIMEへ

 

 

Follow me!